湿気対策にこういうのあります

沖縄市字登川2780-1

お知らせ

ブログ

湿気対策にこういうのあります

更新日:2017/03/20

sick_house_dust

湿気高まる時期になってまいりました。
雨漏りや台風に向けての対策、ご相談はお早めに。

さて、湿度が高まりすぎるとどうなるかといえば
様々な箇所でカビが発生しやすくなるのですが
見た目や気分的に悪いだけではなく、
健康被害(喘息等)の点でもよろしくないのです。

準備や対策が急がれるのですが
手っ取り早いのは空調機での除湿などでしょうか
一時期エアコンがない時はカビが発生してました…
我が家でも毎年フル稼働しておりなかなか快適です。

建材でも調湿やら吸放湿といった名称で
その能力で一役買っている商品達があります
だいぶ有名になってるでしょうか?エコカラットです。

ec001
(出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/tile/ecocarat/)

しあわせつくられたいですね\(^o^)/
“うふふ”が4つあるようですが詳細は割愛して
珪藻土バスマットぐらいの勢いで水を吸っていく様は驚かされました。
吸える量にはやはり限界があるのでやりすぎればシトシトになります。
さらにデザイン性の高さ+消臭機能もありますが
お値段の方は、そこそこかかるのであります。
種類もエコカラットとエコカラットプラスと
2種類あるのでご注意ください。
プラスの方は調湿機能をもちながら
水を吸収しにくいとなってます。
(LIXIL参考url:http://ecocarat.jp/features/4.html)

他にもDAIKENの「さらりあ~と」といったものがあり
動画での説明、体験施設の比較紹介等があり、わかりやすいです。
(DAIKEN参考url:https://www.daiken.jp/choshitsu/movie/)

壁紙にも似たような機能を持つものがありますが
上述した建材と比べて性能面で見ると
若干下回るかなといったところでしょうか。
上記2種類は「壁紙」ではないので
比較すること自体がちょっとアレなのですが。

最後に経験上として、県内にある外人住宅といわれる建物は
湿気対策が重要になりやすい傾向にあるようです。
湿気でお悩みの方は参考にされてみてください。

top

Copyright (C) LIFE WORKS CO., LTD. All Rights Reserved.